シャンプーの選び方

ノンシリコンシャンプーが増えていますが、全てのノンシリコンシャンプーの質が高いとは言えないのが現状です。中には髪に悪影響を与える成分が含まれているものもあります。せっかくのノンシリコンでも、余計な成分が配合されていては逆効果になってしまいます。そのため、ノンシリコンシャンプー選びは成分表示を参考にすることが大切です。

髪に悪影響を与える成分としては、ラウリス硫酸ナトリウムやラウレル硫酸ナトリウムがあります。これらが入っているシャンプーはアルコール系シャンプーと呼ばれ、洗浄力が強いのが特徴です。しかし、洗浄力が強すぎるあまり髪に必要なバリアまで洗い流してしまうためおすすめできません。おすすめはノンシリコンで尚且つオーガニックのシャンプーです。オーガニックシャンプーは髪に刺激の少ない成分で作られているため、髪をやさしくケアしながら洗うことができます。特にオーガニック認証を取得しているものであれば、安心して使うことができます。

このように、ノンシリコンシャンプーだからと言って髪に良い訳ではありません。オーガニックのノンシリコンシャンプーは少々値段が高いですが、髪や頭皮に優しいため選ぶ価値はあります。

ノンシリコンの魅力

ノンシリコンシャンプーの魅力として、まず挙げられるのが頭皮に優しいことです。シリコンはしっかりと流さないと頭皮の毛穴に詰まってしまい、頭皮の新陳代謝を妨げてしまいます。もちろんノンシリコンシャンプーでもしっかりと洗い流すことが大切ですが、シリコンが入っていないため頭皮の毛穴に詰まりにくくなります。このような効果から、ノンシリコンシャンプーは薄毛予防にも効果が期待できます。頭皮の健康を保つという点では大きなメリットと言えます。

ノンシリコンを使うと髪の毛がふわっと軽くなります。これもノンシリコンシャンプーの魅力です。シリコンが入っているシャンプーは髪の表面をコーティングするため、どうしても髪の毛が重くなってしまいます。髪の軽さを求めるのであれば、ノンシリコンシャンプーが適しているでしょう。しかし、その一方でノンシリコンシャンプーを使うと髪がきしむという声もあります。やはりシリコンが入っていないとコーティングされないため、指通りは良くないようです。そのため、ノンシリコンシャンプーを選ぶ際には保湿成分が配合されているものを選びましょう。

推奨リンク『守り髪 / アミノ酸系保湿成分配合ノンシリコンシャンプー

また、質の良いトリートメントを使うことで指通りの良いサラサラの髪の毛になります。

人気のシャンプー

一口にシャンプーと言っても種類はたくさんあり、どのシャンプーを選べば良いか迷っている人も多いようです。せっかく使うなら、髪に良い効果のあるシャンプーを選びたいものです。ここ数年の間に一気に人気となったのがノンシリコンシャンプーです。テレビCMや雑誌でも多く紹介されており、髪に良い効果があることで注目されています。

しかし、そもそもシリコンとは何なのか、ノンシリコンとは何なのかを理解している人は少ないのではないでしょうか。一般的なシャンプーには、シリコンが使われているものが多くあります。シリコンは髪をコーティングし、指通りを良くしてくれる効果があります。シリコンの効果でサラサラの手触りになるため、一見すると髪は潤っているように思えます。しかし実際には、表面がシリコンでコーティングされていることによって保湿成分が浸透されず、髪が傷んでしまう恐れがあります。また、シリコンのコーティングが剥がれる際に髪のキューティクルも剥がれてしまうこともシリコンシャンプーのデメリットです。キューティクルが剥がれてしまうと髪はパサつき、傷みが進行しやすくなります。

このような理由から、最近ではシリコンが入っていないノンシリコンシャンプーが人気です。髪を美しく保ちたいのであれば、ノンシリコンシャンプーを使うべきでしょう。しかし、ノンシリコンシャンプーと謳っていても髪に悪影響を与える成分が含まれているものもあります。そのため、ノンシリコンシャンプーの選び方が重要と言えます。当サイトではノンシリコンシャンプーの魅力と選び方をまとめました。